自己破産を実行した経緯と借金減額の結果

自己破産を実行した経緯と借金減額の結果

私は債務整理である自己破産を行いました。

 

自己破産を行なうと、財産の没収、金融機関からの借り入れの制限、などが課されてしまうのですが既に債務は600万円以上までに膨らんでおり、返済をする苦労を考えれば自己破産に伴うペナルティの方が気軽であると考え実行したのです。

 

初めての債務整理、とても緊張しましたし勝手が分かりませんでしたが弁護士に依頼をし、手続きを代行してもらいました。

 

家を持っておらず、賃貸物件であり、貯金も無く、車すら所持をせずに電車通勤をしている私からすると、自己破産による財産の没収はあまり痛手とはなりませんでした。

 

自己破産をしても、まず誰にも知られないのも安心です。

 

600万円もの負債、毎月の返済金額は多額であり、返済をしてもしても元金が減らない状態、生活は逼迫してしまい健康、精神にも害が及んでしまいました。

 

お金が無いと食べる物も買えない、休みも無い、睡眠時間も取れない、温度調節もできない、日によっては風呂も我慢しなければならないのですから当然です。

 

このまま朽ちるよりかは、と自己破産を決行。

 

消費者金融から借り入れていた600万円の他に、700万円の奨学金まで無くなったのも嬉しかったですね。

 

自己破産を実行すると、奨学金との債務まで無くなるのです。

 

自己破産後は肩の荷が下り、以降はお金に困らないようにと真面目に生活をするようになりました。